ふるさと納税ってなに?

ふるさと納税ってなに?

ふるさと納税についてご存知ですか?ふるさと納税とは、自身の故郷や、支援したいと思う地方自治体に寄付ができる制度です。確定申告(またはワンストップ特例制度)時に手続きをすると、所得税・住民税の控除が受けられるというものです。また、自治体の多くは、その地域の特産品や地域にちなんだものなどの返礼品を用意しています。寄付金を「こんなことに役立ててもらいたい」と使い道を指定することも可能です。
税金の控除にもなり、故郷に貢献でき、返礼品ももらえる。その寄付は地域の活性化や歳入増加、そして地域の課題解決に役立つというものです。

 

魅力的なお礼の品

各地の名産品・特産品を返礼品としてもらい、楽しめるのもふるさと納税の大きな魅力の一つです。多くの自治体では、寄付のお礼として地元の名産品などを寄付者(納税者)に送付しています。そのお礼の品を通して地域の名産や産業を人々に知ってもらえるということで、自治体にとって良い機会となっています。

 

嬉しい税金控除

ふるさと納税では、控除上限額内で寄付をすると、合計寄付額から二千円を引いた金額分、所得税と住民税から控除を受けられます。
控除の上限額は家族構成や収入によって異なるので、確認してみましょう。

 

自治体を応援

自分の生まれ故郷でなくても、自由に応援したい自治体を選び、寄付することが可能です。寄付先の数・金額・回数も制限はないので、自分の控除上限額内なら実質二千円の負担で、複数の自治体に寄付することができます。

 

寄付金の使い道を指定

寄付したお金の使い道が気になる人も多いはず。ふるさと納税では、自治体がどのように寄付金を使うのか、その用途を選ぶことができます。
よって、寄付金の使い道から自治体を選ぶことが可能になります。

 

ふるさと納税をしてみよう

@ ふるさと納税のやり方は、まず寄付をする前に控除上限額を調べます。
A 寄付する自治体を決める。応援したい地域から選ぶもよし、お礼の品から選ぶもよし、使い道から選ぶもよし。自身に合った寄付先を決めたらふるさと納税サイトから申し込みます。クレジットカード対応の自治体なら、申し込みと同時に寄付が完了するため簡単でしょう。
B 返礼品・寄附金受領証明書を受け取る。寄付した自治体からお礼として「返礼品」と、「寄附金受領証明書」が届きます。この領収書は確定申告で必要になる書類なので大切に保管しておきましょう。
C 控除の手続きをする。税金の控除を受けるため、確定申告(またはワンストップ特例制度)の申請をしましょう。

 

ふるさと納税サイトでは動画や漫画などでわかりやすく説明しているので見てみるとよいでしょう。

更新履歴