犬にまつわる返礼品

犬にまつわる返礼品

テレビなどで見かけるふるさと納税は、美味しいお肉やお米、果物など、その地方の名産品がクローズアップされていることが多いかもしれません。
しかし、返礼品は食べ物ばかりではありません。美容・ファッションやイベント・チケット、旅行や工芸品など様々なものがあります。
返礼品や寄付金の使用用途も選べるふるさと納税。今回は寄付金を犬の保護活動に充てている自治体と、珍しい返礼品について紹介します。

 

ピースワンコ・ジャパンと一匹の子犬

犬の殺処分ゼロを目指して活動を続けているピースワンコ・ジャパンは、本拠地のある広島県神石高原町と連携し、ふるさと納税を通じて寄付を募っています。
ピースワンコ・ジャパンの原点である「夢之丞」は、動物愛護センターに収容され、生後3か月で殺処分される予定だったそうです。怯え、震える子犬を引き取ったピースワンコ・ジャパンは、夢之丞を災害救助犬候補として訓練を開始しました。
そして3年後、ピースワンコ・ジャパンで訓練を続けていた夢之丞は広島の土砂災害現場で行方不明者を一人発見。その後国内外の災害現場に出動し、救助活動を行っているそうです。
人に捨てられ、人に殺されるはずだった犬が人を救うことができる。夢之丞はその命を輝かせることができたのです。
ピースワンコ・ジャパンは、動物の殺処分機に残された動物の爪痕を見て、「もう二度と殺処分機を稼働させてはいけない」と誓ったそうです。

 

ピースワンコ・ジャパンについて知る

 

手作り夢之丞人形

佐賀県で明治時代から作られている弓野人形で、特別に作られた夢之丞人形がふるさと納税の返礼品ラインナップに並んでいます。
手作りの素焼き夢之丞人形は、一つ一つに絵付けされ、その素朴さが魅力です。
手作りのため50体限定となっており、2018年11月現在では夢之丞人形は品切れとなっているほどの人気です。

 

ピースワンコツアー

寄付をしてくれた人にピースワンコ・ジャパンの活動をもっと知ってもらうため、スタッフによる説明やボランティア体験等を組み込んだ「ピースワンコツアー」というものあります。1泊2日で犬の保護活動の現場を生で見て、体験することが可能です。
宿泊施設は、ピースワンコ・ジャパンのパートナー施設である神石高原ティアガルテン。「自然と遊び、自然から学ぶ」をコンセプトにしているティアガルテンには、ドッグランや犬同伴で泊まれるログハウスなどがあります。

 

上記で紹介した以外にも神石高原町の特産品もお礼の品にあるので、興味のある人はサイトをチェックしてみてください。