贈り物としてもおすすめの返礼品

贈り物としてもおすすめの返礼品

岐阜県七宗町は、町の約90%を山林が占め、わずかな平地は飛騨川・神渕川とその支流沿いに点在しており、居住地や農地として利用されています。飛騨川の底からは「日本最古の石」が発見されたことで知られています。この石は「上麻生礫岩」と呼ばれ、年代測定したものの中で最も古いものであることがわかっているようです。
飛水峡一帯に点在するポットホールは、長い年月をかけて飛騨川の激流によって岩が侵食、壺状にえぐられたもの。直径5メートルにもなる大きな穴もあり、その穴の数は800個以上もあると言われています。
七宗町は大きく4つの地域に分かれていて、学校は2区画に分かれ均衡ある発展が図られているそうです。

 

ハローキティのカップ&ソーサー

七宗町のふるさと納税の返礼品のラインナップの中に、ハローキティの美濃焼き染付シリーズがあります。
和風モダンが新鮮な染付食器。キティラーでなくてもおもわず寄付してしまいそうなかわいらしいカップ&ソーサーは、ブルーの染付でキティちゃんとローズがセンス良く配置されています。
美濃焼の歴史は古く、平安時代に作られた須恵器から発展したと言われています。志野・織部等15種類の伝統工芸品に指定されている陶磁器のことをいいます。食器生産において、全国の約60%のシェアを誇り、和食器では90%にもなるそうです。自分用に使うもよし、贈り物にするもよしの伝統的でかわいらしい返礼品でしょう。

 

七宗町のうなぎ

岐阜県の中南部にある七宗町は美しい山に囲まれ、清流が流れています。七宗町には有名なうなぎ専門店があり、いつも行列が絶えないといいます。そんな人気店のうなぎかば焼きセットは、こだわりの養殖法で育成されたパリふわ食感がやみつきです。
2016年にモンドセレクションゴールドアワードを受賞した「たむろ」のうなぎ。ふるさと納税の返礼品では、お取り寄せ用のうなぎのかば焼きで、店舗と同じ調理法・焼き方で冷凍うなぎとは思えないような美味しさを実現しているとのこと。
紀州備長炭で丁寧に焼き上げられたうなぎは、外側はパリっと、身はふんわりとした食感で人気を博しています。
その美味しさのヒミツは調理法だけではありません。自社開発の養殖システムが肝であり、特に水の管理方法にこだわっているそうです。他では見られないような斬新な方法で水質・水温を24時間管理しているとのこと。こちらも自宅で楽しむもよし、ギフトとしてもおすすめの一品と言えるでしょう。